GoogleドキュメントEPUB出力時に無理やり目次を入れる方法
スポンサーリンク

Kindle出版などのために「Googleドキュメントで原稿作成→EPUB出力」をすると、Googleドキュメントで作成したはずの“目次が表示されない”謎の現象があります。

工夫をすると、Googleドキュメントで作成した目次がそのままEPUBにも残る、という話もありましたが、やってみたところ、少なくとも私の場合は上手くいきませんでした。

あとは一度Wordに変換して、そこで目次を挿入し、それをEPUB化すると上手くいく、という話も聞きましたが、私はMac環境なので、これも上手くいきませんでした。

そこで、もう手作業で無理やり目次を挿入することにしました。

方法は簡単です(多少の手間はかかりますが)。

ひと言で言えば、手作業で目次1つ1つをリンクしていく、とういことです。

次のようにします。

1.Googleドキュメントに「青文字の目次」を挿入する

まず、Googleドキュメントに目次を挿入するのですが、この時「青文字の目次」を挿入します。

この後、この目次をコピペするのですが、「黒文字の目次」だとページ数も表示されるのでコピペの時に邪魔になります。

そのため「青文字の目次」を挿入します。

2.それをコピーしてテキストのみ抜き出す

その「青文字の目次」をコピーします。

3.目次を表示したい部分にそれを貼り付ける

それを目次を挿入したい部分に貼り付けます。

Ctrl+Shift+Vで貼り付ければ、プレーンテキストで貼り付けられます。

4.青文字の目次を消す

最初に挿入した青文字の目次はもう必要ないので、削除します。

目次上で右クリックするとメニュー中に「目次を削除」という項目が表れます。それを選択すれば目次を消せます。

5.1つ1つ手作業で各見出しとリンクしていく

あとは、目次と、それとリンクさせたい見出しを1つ1つリンクさせていきます。

手順は次のようにします。

  1. リンクさせたい目次を選択する
  2. (リンク挿入するための)クリップアイコンをクリックする
  3. それに対応する見出しを選択する

これを目次1つ1つ繰り返していきます。

こうすると、無理やりですが目次を挿入できます。

「ちょっとめんどくさそう」と思うかもしれませんが、リンクさせたい目次を選択すると、(リンク作成時に)自動的に該当する見出しが一番上に表示されますので、比較的楽に作業できますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事