Googleスプレッドシートで日本語フォントを追加する方法

投稿日:2020年3月30日 更新日:

スポンサーリンク

GoogleスプレッドシートはデフォルトでMS PゴシックとMS P明朝の2つが使えますが、現時点では「6つの日本語フォント」を追加インストールして使うことができます。

追加で使える6つの日本語フォント

Googleスプレッドシートで追加で使える日本語フォントは次の6つです。

Googleスプレッドシートで追加で使える日本語フォント6つ
Googleスプレッドシートで追加で使える日本語フォント6つ

一応上記でもそれぞれの日本語フォントのイメージは感じ取れると思いますが、次のそれぞれの日本語フォントのリンク先を見ることで、どんな雰囲気のフォントなのかがわかります。

6つの日本語フォントをインストールする方法

Googleスプレッドシートで日本語フォントを追加インストールする方法を紹介します。

やり方はとても簡単です。

1.Googleスプレッドシート上部メニューの「フォント指定部分」を選択して、出てくるメニュー中の「その他のフォント」を選択します。

①上部メニューの「フォント指定部分」を選択して、②「その他のフォント」をクリック
①上部メニューの「フォント指定部分」を選択して、②「その他のフォント」をクリック

するとフォント一覧が表示されます。

2.フォント一覧ボックスの中の「文字:すべての文字」を選択して、「日本語」を選択します。

③「文字:すべての文字」を選択して、④「日本語」をクリック
③「文字:すべての文字」を選択して、④「日本語」をクリック

3.追加インストールしたい日本語フォント横にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

⑤インストールしたい日本語フォントにチェックを入れて、⑥「OK」をクリック
⑤インストールしたい日本語フォントにチェックを入れて、⑥「OK」をクリック

これで、新たに日本語フォントをインストールすることができました。

個人的には「M PLUS 1p」が大好きです^^


スポンサーリンク

-Googleスプレッドシート
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

関連記事はありませんでした