グーグル支援金メール(zywRszdfud@xn.ol.omen-space.fukuoka.jp)は詐欺

スポンサーリンク

「グーグル支援金の受け取りについて」という件名でメールアドレスzywRszdfud@xn.ol.omen-space.fukuoka.jpから送られてくるメールは詐欺ですので、注意してください。

実際に、申請するのはもちろん、メール本文内にあるリンクは絶対にクリックしないでください。もちろん個人情報も教えないでください。

またしても「グーグル」から迷惑メールが届く

先ほどGmailの迷惑メールをチェックしていたら、またしても「グーグル(注:Googleではない)」から、「お金がもらえる」というメールが届いていまました。もちろんこれは真っ赤なウソです。

zywRszdfud@xn.ol.omen-space.fukuoka.jpからグーグルを名乗る「お金もらえます」系の迷惑メールが届いた。
zywRszdfud@xn.ol.omen-space.fukuoka.jpからグーグルを名乗る「お金もらえます」系の迷惑メールが届いた。

メール件名や本文を見る限り「グーグルサポート」系の詐欺一派のように思います。

グーグルサポート系の迷惑メールについては、次で記事にしています。

メール本文で「リンクをクリックする」ように誘導してくる※クリックは危険

メール本文はこんな感じ。

平素よりGmailをご利用頂き誠にありがとうございます。

世界恐慌のさなか、不安な日々をお過ごしかと思います。
グーグルでは特別措置といたしまして、すべての会員様に【現金配布】を行う事といたしました。
グーグル支援金は[カンタン申請]で今すぐ支援金の受け取りが可能です。
※期限がございます。必ず【本日中】にご確認くださいませ。

▼────────────────────▼
受取はこちらをクリック
▲────────────────────▲

[有効期限]メール到着より24時間以内
[受渡方法]申請内容に基づき送付
[認証番号]335-561266-5236
———————————-
🌸申請はカンタン🌸
①専用URLを押す
②[一括送金]か[分割送金]を選ぶ
③指定した口座に振り込まれる
———————————-
■キャンペーン特設ページの確認方法
URLを開いて最上部に表示されるキャンペーンバナーを選択してください。
※サービス・企画のタブでは本キャンペーンのバナーが常時表示されております

■注意事項
※キャンペーンの参加にはキャンペーン特設ページよりエントリーが必要です
※本キャンペーンは専用URLからのみ参加可能です。WEBサイトからは参加することができません

【配信停止・各種お問合せ】
http://fkvdeh9ula.grain-gourd.net
———————————-
Copyright (C) 2020 G.inc Corporation. All Rights Reserved.

zywRszdfud@xn.ol.omen-space.fukuoka.jpからの迷惑メール本文より

何もせずとも「お金がもらえる」ようで、その受け取りのために、「リンクをクリックして」申請手続きをしてください。という内容のメール本文でした。

ここでもしリンクをクリックしてしまうと、次のような状態なってしまう可能性があるので、絶対にクリックしない方がいいです。

リンク先サイトでは「銀行口座情報」を聞き取ろうとしてくる

今回もリンク先を安全に開けるセキュアールを使って、メール本内にあるリンクを開いてみました。

「当選したからお金がもらえる」という内容の記載がある。もちろん嘘。
「当選したからお金がもらえる」という内容の記載がある。もちろん嘘。

なんでも、2400万円が手に入るらしい(笑)。

内容は「2400万円をお渡ししますので、銀行口座の情報を教えて下さい」ということのようです。もちろん絶対に教えてはだめですよ。

どこかの時点で(出会い系サイトを装って)年齢認証のために「免許証情報」を聞こうとしてくるはず

今回もお金をあげると言いながらも「出会い系サイトの形をとっている」ようです(ということは足利系の詐欺メールと一緒なので、足利とグーグルサポートは同じ一派なのかもしれません)。

出会い系サイトの形をとっているということは、おそらくどこかの時点で「年齢認証のために免許証情報を教えて下さい」と言われるはずです。

その証拠に特定商取引法のページを見てみると「プロフィール閲覧、メール送受信、写真登録、etc..」などの出会い系サイトを感じさせる記載があります。

特定商取引法に関する表記ページを見てみると「出会い系サイト」を匂わせる記載がある。
特定商取引法に関する表記ページを見てみると「出会い系サイト」を匂わせる記載がある。

「免許証情報+銀行口座情報」を教えると、かなりの犯罪に巻き込まれる可能性がある

もし(銀行口座情報に加えて)免許証の情報を教えてしまうと、次のような犯罪に巻き込まれる可能性がありますので、絶対に教えないようにしてください。

  • 消費者金融から借り入れ 
  • ヤミ金から借り入れ
  • クレジットカードの偽造 
  • 携帯電話の契約
  • 銀行口座の開設
  • ブラックマーケットに流用
  • 印鑑の実印登録

参考:身分証明書と銀行口座の悪用 | ココナラ法律相談

まとめ

まとめますと、zywRszdfud@xn.ol.omen-space.fukuoka.jpなどから送られてくる「グーグル」を名乗るメールは詐欺ですので、気をつけてください。

  • メール本文内のリンクをクリックしない
  • もしサイトにアクセスしてしまっても、口座情報を教えない
  • さらに免許証情報も教えない

これを徹底してください。

・もしメール本文内のリンクをクリックしてしまうと、毎日150通もの迷惑メールが届くようになる可能があります。

もし「口座情報」「免許証情報」を教えてしまうと、様々な犯罪被害にあう可能性があります。

コメント