PR

WordPressとX(旧Twitter)を連携させ、WPで投稿したらXでも自動ポストするようにした方法

WordPress

WordPressを更新した時に、X(旧Twitter)でも自動でポストできるようにする(WordPressとXを連携する)ことに成功したので、この記事ではその方法を紹介します。

使うのは次です。

  • WordPressプラグイン「Autopost for X」
  • Xのディベロッパーアカウントに登録すると得られる次の2つ
    • APIキー
    • APIキーシークレット

次から詳しく解説していきます。

(Xアカウント取得済み、WordPressは持っているものとをして解説していきます)

スポンサーリンク

基本的な流れ

まずWordPressにプラグイン「Autopost for X」をインストール→有効化します。

あとは(英語ですが)、WordPress管理画面上に表示される「Autopost for Xの公式インストール手順」に従えば基本的には上手くいきます。

(Autopost for X公式インストール手順は「WordPress管理画面の左メニュー>設定>Autopost for X/Twitter」で表示されます。以下のような部分です。)

次からもう少し詳しく解説していきます。

ステップ1:ディベロッパーアカウントを作成する

X Developersにアクセスして、ページ最下部にある「Sign up for Free Account」から無料でディベロッパーアカウントを作成していきます。

ページが切り替わります。

そこで、上のボックスにディベロッパーアカウントを作る理由を書きます(250文字以上)。

私の場合はWordPressとXを連携させて、WPを更新したらXでも自動でポストされるようにしたい、という意味の文言を無理やり250文字以上で書きました。

3つのチェックボックス全てにチェックを入れて、「Submit」を押して次に進みます。

これでディベロッパーアカウントは無料で作成できるはずです。

ステップ2:APIキーとAPIキーシークレットを取得する

各種設定をする

X Developersにアクセスして、左メニュー「Products&Apps」をクリックし、表示される一番下の部分をクリックします。

そしたら、ページ下の「User authentication settings」の部分にある「Setup」をクリックします。

ページが切り替わるので、次のようにします。

  • 「App permissions」の項目では「Read and write」にチェックを入れる
  • 「Type of App」の項目では「Web App, Automated App or Bot」にチェックを入れる
  • 「App info」の項目では次のようにする
    • 「Callback URI / Redirect URL」部分には「WordPressサイトのURL/wp-admin/admin-post.php?action=authoshare_authorize_callback」と入力する
      • 例:https://xxx.com/wp-admin/admin-post.php?action=authoshare_authorize_callback
    • 「Website URL」には、「WordPressサイトのURL」を入力する
      • 例:https://xxx.com

※冒頭でお伝えした「Autopost for X公式インストール手順」にも書いてありますので、そちも参考にしてください。ここに書いた情報は古くなる可能性があります。

これらの入力が終わったら「Save」をクリックして保存する。

APIキーとAPIキーシークレットを生成する

次は同じ画面で「Keys and tokens」タブをクリックします。

そして「Consumer Keys」部分の「Regenerate」ボタンをクリックします。

そうすると、「API Key」と「API Key Secret」が表示されますので、それをコピーしてメモ帳などに保存しておきます。

ステップ3:WordPress側に「API Key」と「API Key Secret」入力して保存

WordPressの「Autopost for X」プラグイン設定画面で「API Key」と「API Key Secret」入力して保存します。

Autopost for Xプラグイン設定画面へは次の手順で行けます。

WordPress管理画面の左メニュー>設定>Autopost for X/Twitter

ステップ4:WordPressとXを連携させる

同じ画面で「Connect X/Twitter account」から、WordPressとXを連携させます。

連携が完了すると次のようになります。

私は上記のように設定しました。

  • Enable Autopost forの部分:「投稿」した時のみ、Xでも自動でポストされるように設定
  • Image settingの部分:ここにチェックを入れると、アイキャッチ画像とWP記事の“テキストリンク”がXに自動でポストされ、WordPress記事へのリンクがカード形式に“なりません”でした。ここのチェックを外すとアイキャッチ画像がWP記事へのリンクとしてXでポストされます。
  • X/Twitter accountsの部分:「Autopost by default」のチェックを入れました。

あとは変更を保存して完了です。

お疲れ様でした。参考になれば幸いです。

コメント